大阪府大阪市生野区林寺4-18-17  ☎06-6713-6621  web予約

薬を飲んでも眠れなくなった女性|不眠

眠れない女性
眠れない女性
もくじ

ご来院の経緯

眠れない女性

43歳の時に肝機能の問題を指摘され出したころから眠れない日が多くなってきた。当初は睡眠薬は処方されていなかったので飲んでいなかった。50歳を超えたころに糖尿病の診断を受ける。体中が痛くて、特に膝に水が溜まり、月に2回は水を抜いている。その頃から睡眠薬を飲むようになった。

症状

10年くらい前から睡眠薬がないと眠れない状態が続いている。飲まないで寝ようと頑張っていたこともあったが逆に不安になり、目がさえることが多くなったのでダメだとは思いつつ、薬を続けている状態。最近、薬を飲んでも眠れないことがあり、量を増やしたり、薬の種類を変えてもらうと今度は午後までボーッとしていることが多くなってしまったので何とかしたい

来院された方

期間

70歳 女性 会社役員 大阪市東住吉区

2018年05月15日~7月

通院頻度

回数

週2回

20回

施術の考え方と経過

持病もあり、体の痛みがきついことから眠れない原因は『血管の硬化』と推測する。※後に血液検査にて動脈硬化指数3.8 肝機能に負担があることからいわゆる細胞の酸欠状態が考えられる。このような場合、まずは肺の機能を上げることが重要である。

内容

鍼灸;肝虚肺実・使用したツボ;曲泉、陰谷、尺沢、陰陵泉、解谿、丘墟、委中

整体;肋骨調整・肩関節調整・肩甲骨調整・横隔膜調整・骨盤調整・頭蓋骨調整および腹部マッサージ

※東洋医学の施術は毎回、変化に応じて変わりますのでご了承ください。

同時に施術した症状

腰痛・肩こり・背部痛・膝関節痛

施術計画の提案

週2回;8週間 ※その後は週1回、月2回の頻度。

その後は経過を見てから再提案としました。 1回目施術後、息がしやすくなった。

2回目来院時

睡眠薬は飲んでいる。

5回目来院時

前回の治療後、ソファーでうたたねをしたまま3時まで寝ていた。その日は飲まずにいたが寝ているのかどうか、スッキリしない状態だった。

10回目来院時

薬を飲まなくても眠れた。

15回目来院時

前回の治療後と昨日は薬を飲まなかった。運動をする機会(ヨガ体験)に行った日は眠れなかった。

20回目来院時

治療感覚が空いたので少し、不安がある。しかし、体を動かした方が眠気があり、眠れているのでヨガを続けてみようと思う。

施術者から一言

比較的早期に改善されてきたことに喜んでいます。糖尿病などの持病がある方は変化が出るまでに少し、時間を要することが多いのですが生活習慣や食事管理などにも取り組んでいただけたことが要因だと思っています。自己管理と正しい知識の大切さを感じる症例です。

[前のページへ戻る]

衛生管理
hygiene control

最大限の衛生対策に取り組んでいます。
はじめての方

料金;8,800円(税込み)

◎内容
問診
初回各検査
初回施術
ご報告(2回目)
 60分前後
※お時間の余裕を持って、お越しください。

7歳までのお子様
料金;6,050円(税込み)

2回目以降

料金;5,500円(税込み)

◎内容
検査
総合施術
 15分前後
※お時間の余裕を持って、お越しください。

施術方法や内容についてはこちらをご覧ください。

7歳までのお子様
料金;2,750円(税込み)

営業時間・休診日・住所バナー
休診日;日曜日、水曜日 受付時間;9時~20時
〒544-0023 大阪市生野区林寺4-18-17
06-6713-6621
おかだ鍼灸整骨院の周辺地図イラスト
おかだ鍼灸整骨院の周辺地図イラスト
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

okadaのアバター okada 院長

大阪市生野区のJR東部市場前駅から徒歩4分のところにある『おかだ鍼灸整骨院の院長 岡田彰久』です。東洋医学の良さを皆さんに伝えるための勉強会である『今日から使える東洋医学』もよろしくお願いいたします。

もくじ
閉じる